忍者ブログ
2017-081 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 07 next 09
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑近くで見て気づいたけど、客員准教授としてのさかなクンの時は、相棒・ハコフグ帽子もちゃんと学士帽になってるんですね。


先月28日、東京海洋大学越中島キャンパスにて、あのさかなクン客員准教授の公開講座を聴講してまいりました!本来ならちゃんと申し込みして参加しなければならないものなのですが、今回は特別に取材として参加させてもらえる事になりました。同行してくださった奥山先生に感謝です。



しかしこうやっていわゆる芸能人という人にリアルで会うことなんてほとんどなかった私。漫画家の藤田先生は除くとしても、たぶん芸人のアメリカザリガニの二人ぐらいなんじゃないでしょうか。

それゆえにさかなクンに会えるってだけでも結構な興奮なんですが、さかなクンの興奮はそれ以上でした。もう講座でしゃべりたい事がたくさんありすぎてたまらないと言った風です。パワーポイントのスライドを200枚超作ってきたってぐらいですからね!会社員や大学生あたりの人ならわかるでしょうが、尋常じゃない枚数ですよね。これを一時間半で消化しようって気概なのですから、その時点で情熱が伺えます。それでいて喋り方はあのTVで観た感じのまんまですからね。もう色んな意味ですごい人です。



講座が始まったら、さかなクンの幼少期の頃の話から始まり、いかに自分が魚の魅力にとりつかれていったかを話していきました。そこから魚の主な分類の説明をしたあと、いよいよスーパーさかなクンタイムの開始です。

とにかく語る、語る、語る。日本に住む4000種の魚のうち、1000種が暮らすという東京湾の海を中心に、魚の形態や特徴的な行動の魅力を次々と紹介していきます。私も生物は好きですが(だからクリムゾンズみたいな話描くわけだし)、やはりさかなクンの魚好き度は常識を逸しています。どこからそんな知識が湧き出てくるのかと不思議に思うほど、各種魚のおもしろい生態について披露していってくださいました。私も面白そうな話はノートにとって記録していましたが、筆が話についていくのに必死でした。おかげで、漫画にも使えそうな魚の話をたくさん知ることができました。


大学生の時にも色んな教授の講義を聴きましたが、さかなクンほど楽しんで講義やってる人は観た事ありません。残り時間がせまってきても、あと「もうちょっと!あともうちょっと!」と話す事を止めようとしないくらいです。それだけ皆に魚の事を知って欲しいという事なんでしょう。

これは漫画家である私も見習うべき姿勢であるなぁと思いました。こと私も生物界にあふれる面白くも良く出来たシステムや現象の魅力を紹介したくてクリムゾンズを描いていますから、必死に伝えようというさかなクンの姿はとてもいい刺激になりました。知識的にも、精神的にも得るものがあった今回の講座。参加できてよかったと思います。私もさかなクンに負けないように、ベニザケ漫画で海洋界の魅力を伝えるよう精進したいと思います。タイヘンなのは…シンタロウ達だけどね!(にこり)



拍手いただいております!有難うございますー。以下、メッセージへの応答編です。
PR


↑今月発売サンデー超に載ってる若木組最後の刺客・読み切り作品!!



さて、先月の「PLUG」にて、サンデー超・怒涛の若木組ラッシュは終了した…。

と、私も思っていたのですが。
後日知らせを聞いてびっくり。なんと…もう一人!ラッシュに加わる方が現れました!

その名も…川中康嗣!!
彼が放つ新作は「デス・ブロックス」!!

とある姉妹がある日突然、死神たちに目をつけられてしまい過酷なゲームを強いられるという、トリックホラー作品…!あ、あんまり内容に触れちゃうとなんかネタバレしちゃいそうなんで、概要はこのへんにしておきますが。

とにかく彼は根っからのゲーム好きでして、今回の作品はその趣味が遺憾なく発揮されている作品であります。バトル漫画でも「駆け引き」はありますが、こういった「ゲーム」上での駆け引きもまた緊張感があるものです…。川中さんも、そんな世界に惹かれて、漫画にしたのだと思います。

そして、そんな駆け引きの中で揺れる人間の感情…ここも「ゲーム」の魅力の一つ。強制的に参加させられたゲームの中で、姉妹の関係がどう変化していくのか…ゲーム展開も楽しみつつ、人間ドラマにも注目していきたい作品です。

あと個人的に気に入ってるのが、死神サイドなんですが…。死神ゆえの価値観の違いというか、無邪気に外道というか…まあ、読んでみればわかると思います。一人やんちゃな子がいるので。


そんなわけで、今月のサンデー超には川中・小嶋・森田・そして菅野という、今後二度とあるかわからない若木組4人集結号であります!是非買ってみてください。もしかしたらよ…30、40年後になんか…ねえ?あるかもね…プレミア的なものが…我々全員頑張れば……ねえ!というわけで、川中さんの読み切り共々、サンデー超7月号、どうぞよろしくお願いします!



拍手いただいております!有難うございますー。以下メッセージへの応答編です。


↑ロリクリスとなんかよくわからん空間。眠い頭で描くとこうなる。



先日19日。私は以前フライフィッシング体験でお世話になった開成フォレストスプリングスに再び訪れました。
その日はあじさい杯という、釣り大会が開かれていましたが、素人同然の私がそんな大会に参加するわけがありません。私が参加するのは、もう一つのイベントの方でした。

「風評被害をぶっとばせ!福島県産メイプルサーモンなどを釣って食べよう!

これです。クリムゾンズの監修の先生である奥山先生が主体となって行われた、東日本大震災に対するチャリティー活動であります。

震災に対する募金、支援物資の提供。これも立派な支援活動です。しかし、放射能問題で福島の農産物に対しての見方が変わってきてしまっている今、我々にできるもう一つの支援の形、「福島県産の美味しいものを食べる」という方法を取ろうではないか。そんな考えのもと開かれた今回のイベント。私も食いつかずにはいられませんでした。福島の財産である自然と、そこから生まれる豊かな食べ物を受け入れる事こそ、福島が立ち直る為の第一歩になると思います。


メイプルサーモン…正直この名前を聞いて「ああアレね」と思い浮かぶ方はあまりいないと思うのですが、この魚は「ニジマス」さんでございます。しかも福島の清流で育った養殖ニジマス。名前のメイプルの示すとおり、元はカナダ出身のニジマス。これを日本に持ち込み独自の技術で養殖し、立派な日本の養殖魚として生まれ変わらせたもの。何世代もの研究がされたおかげで、その味は確かなもの。今回開成にて釣ろうという魚は、この福島県生まれのメイプルサーモンを釣堀に運び込んだもの。これを見事につりあげて、皆で美味しく頂きましょうという事なのです。バイタリティあふれる奥山先生ならではの企画です。


私も今回でフライフィッシングをするのは3回目…そのうち一度も魚を釣り上げたためしがない!そろそろ魚と真剣勝負して、手元に釣り上げたいところ。今回こそ自力で釣るという決心をして、いざフィッシング開始!!

フライフィッシングにはちゃんとした餌は存在しません。疑似餌という虫や餌に似せた、毛でできた偽者を使って、魚を騙すわけです。だから相手が騙されてくれるまでひたすら投げる…投げる…投げる…。
何時間も粘って、途中グイっと手ごたえがあったかと思えば逃げられる、という事を何度も繰り返し…その時はきました。


110619_141629.jpg




















ひゃっはーーーーー!!ニジマスだぁーーーーーー!!せっかく写真撮ったのにニジっぽいとこ全部反射しちまったぜェェーーー!!
相変わらずの撮影技術である。


しかしやりました!やっと一尾!釣り上げることができました。やはり食いついて、相手が必死に抵抗してる所を手繰り寄せていく時は一気にテンション上がりますね。このあとも間隔はあるものの、また一尾、また一尾と釣り上げ、計3尾をキャッチすることに成功!やっと釣りの楽しい部分を堪能できて、私も大満足です。惜しむらくは、この3尾とも大きさが少し小さいため、そのままお持ち帰りというわけにいかず…リリースすることに。さようならお前たち…できることならもう少し越え太ってくれてから出会いたかった…。


それじゃあ結局私は福島県産のメイプルサーモンは持ち帰れなかったのか?というとそういうわけでもなく。他の参加者の方が釣り上げた立派なサーモンをおすそ分けして頂きました。奥山先生の見事なサケ捌きに感心…私も釣りを続ければ魚捌きも自然と覚えるかしら?持ち帰ったサーモンを翌日刺身で食ってみたところ、近所のスーパーで買ったトラウトサーモンよか断然旨かったです。これ…日本酒と一緒に食べたかったワイ…!残りの半身は是非そうしよう。

最近になって福島近海の漁も解禁されたと報道されましたし、少しずつ福島の自然産業が復活していってくれればいいと思います。そのためにも、私たちが「消費者」としてできる支援もある事を知っていただければ幸いです。風評じゃ風評じゃ、食わねば損損!美味しい福島を皆さんもどうぞ確かめてみてください。



拍手いただいております!有難うございますー。以下、メッセージへの応答編です。


↑シュタインズゲートはアニメから知ったんですけど、2話見た時点で「これは是非原作ゲームで追いたいなー」と思った。こういう…アドベンチャー系のゲームで惹かれたのはFate以来かなぁ(というかこういうジャンルのゲームほとんどやらない)。



先日、こじま・森田・菅野の三人が見事サンデー超にて連載を果たしたわけなんですが。
その節目といいますか、この貴重な時期に、一回師匠の職場を訪問しようではないかという話が持ち上がりました。師匠の若木先生は快く卒業生を迎えてくださり、どうせだからと夕食を外で食べようという流れに。我々もケーキや洋菓子を土産に参上したとはいえ、何かご馳走になりにきたみたいで恐縮でした。


イタリア料理のお店でしたが、そこは味にこだわりのある若木先生の選ぶ店。最初にスパークリングワインで乾杯です。ここ最近日本酒ばっかり飲んでたものだから、ただでさえ新鮮なワインが余計に新鮮味増してました。アルコール飲料万歳。

コースメニューを順々に味わいながら、しばし歓談。職場に新しく入ったアシスタントさんとも初顔合わせで、色々話を聞くことができました(ギャク作家希望らしい…貴重なギャグ成分ですよサンデーにとって!!)。こじまさんとも連載始まってからの近況を報告しあったり、新作作りに悩むアシスタントさんの相談にお互い頭ひねって考えたりと、久々の懐かしい雰囲気に心洗われました。(師匠と森田さんとは別テーブルだったもんだから食事中ほとんどしゃべれんかった…)


料理もそろそろ終わりに近づいてきた頃、デザートは何かなーと期待してたら、期待以上のサプライズが。


110611_213422.jpg

























なんと!我々新連載組を祝って特別なデザートを用意してくださったのです!イタリア語で「おめでとう」と書いてあるらしいですぞ!

これには卒業生3人びっくりしました。若木先生もお忙しいのにこんなサプライズまで…有難うございます!
ロウソクは一本しかなかったので、野郎三人で息吹いて消してやりました。いやもうおめでとう私たち…そして有難う皆さん…!



イタリア料理店から帰った後は、みんなでお土産に持ってきたケーキを食べてまったり(といっても職場は絶賛仕事中なんですが)。食事会の時には話ができなかったので、職場で改めて先生とお話を交わしました。近況報告や私の漫画に対する感想やアドバイス。しばらくお会いできてなかった分話ができて良かったです。やはり漫画家としての多角な視点は師匠ならではですね、原作者の私にはまだ考え付かない所を指摘してくださいます。いつか私も、師匠とまともに漫画対談とかできるレベルに達するんだろうか…その時までまずは連載しっかりこなさなきゃなりませんね。


そんなこんなで夜も深まってきて、なにより仕事の邪魔をするわけにもいかないので、卒業生&シフト休み組は頃合をみて退散。私ももうちょい居たい所ですが…作業してる後ろで騒がれるアシの苦悩は…痛いほどわかりますからね…!またの機会にということで帰路につきました。またこんな感じで若木一門が集まれるのは、今度はいつになるのか…。それを楽しみに、また仕事頑張ろうと思います。




拍手いただいております!有難うございますー。以下、メッセージへの応答編です。

↑「涼宮ハルヒの驚愕」読了。数年のブランクあってもハルヒはやっぱハルヒでした。まだまだ複線の置き土産あったし物語は続く模様。次はいつになるのかな?



先日の打ち合わせでのこと。

私の漫画の担当編集者さんと、クリムゾンズの監修を引き受けてくださっている奥山先生で、今後の漫画の展開について色々とネタ作りをしてきました。私と担当さんは漫画業界の人間ですからネタ作りするのは当然なんですが、奥山先生のアイデアがとても大きな力になってます。大学の先生とは思えない柔軟な発想と、裏づけされた知識のおかげで、今後のお話になりそうなネタを仕入れることができました。フィッシングの事といい、私は奥山先生にまったく頭が上がりません。


で、打ち合わせの後に担当さんが予約した店でご飯を食べよう、という事になりました。
近所の中華料理屋とかにでもいくのかな?(といっても大概担当さんに連れてかれる所は旨い)と思ってたのですが、これがあのミシュランに認定された創作系和食屋だとか。ミシュランと聞いて一瞬腰が引けました。え、そんなんと無縁な生活送ってるんですけど。納豆ご飯と日本酒で幸せ感じてる人間なんですけど。


小学館から歩いて数分、神保町の「傳」というお店です。まず入り口からして格式高そうで、果たしてポロシャツ的なものを着て入っていい店なのかと躊躇してしまいました。お店の人の対応も丁寧で、ここら辺の気配りがミシュランのお墨付き貰う要因足りえるのだなーと思ったり。

出てくる料理がまたこざっぱりした上品なデザインなんですよねェ…食器からして変わってたし。料理の説明を聞くと、「ウナギで北京ダック的なものを目指した」とか「大根の種が辛味を引き立てる」とか「サトウキビの黒糖がにが甘い味を出している」とか…創作系である故か一風変わったものばかり。それでいて美味しいってんですから、舌の肥えてない私には何も言えない。


110608_204425.jpg

































大体日本酒入れるグラスからして変わってる。



110608_201959.jpg

























ウナギと野菜をくるんで食べる。たしかに北京ダック的な食べ方だし、味も近かった。担当さんと奥山先生は「ソースの力だ」とか。




110608_221245.jpg

























締めに出てきたデザート。最初アイスかと思ったが、下の白いのはプリンらしい。そんで上の黒いのがサトウキビ黒糖で作ったキャラメルアイスとかなんとか。苦いのに甘い!



そんな料理と酒に囲まれながら、クリムゾンの今後の展望やらその先の野望やらを語り合って、楽しい時間を過ごすことができました。担当さん、ご馳走様でした。果たしてこんなレベルの店に私が自主的に行ける様になる時が来るんでしょうかね?それが来るとして何十年後とかになっちゃうのか?まあ、今後も滅多にない機会であったことは間違いないでしょう…。



あと全く関係ないですが、最近の脳みそふわふわ状態はどうも睡眠の質が悪いからではないかと疑ってる次第。総計として睡眠時間はちゃんととってるんですが、その途中で起きちゃって、連続した睡眠になってないからこんな寝不足チックになってるんじゃないかなーと。日差しに邪魔されないようスティ○チアイマスクを買ったんですが、それでもまだ足りないよう。やはり枕かな…安眠枕的なものを、多少資金叩いてでも買うべきか。体が資本ですから、投資対象として間違っていないはず。




拍手いただいております!ありがとうございますー。以下、各種メッセージへの応答編です。


↑ネタバレ:プラグちゃんは可愛い。




いやーご無沙汰しております。一ヶ月ぶりの更新です…ちょっと風邪引いてたり色々取材とかいってた事もあり、先月は更新する余裕がありませんでした。ここ最近やっと遅れを取り戻したので、舞い戻ってきた次第。そしてやっと、こちらの宣伝をすることができますよ…!


若木組連載ラッシュのトリを務める!
こじまたけし先生の新連載!
「PLUG」がサンデー超上で開始いたしました!!


こじま先生は若木組の中でもダントツの安定感をもつ作画屋でして、その実力のほどはPLUG本編でも遺憾なく発揮されております。洗練されたアクション!柔和でいて魅力的な人間造形!この作画の綺麗さは、隙あらば職場にコロコロクリーナーを使うその綺麗好きなところも無関係ではありますまい!

そしてやっぱり注目したいのは、主人公でありヒロインのプラグちゃん。秘密兵器として開発されたプラグちゃんが、アイドルを任務として認識したおかげでさあタイヘン。一味も二味も違った芸能活動を展開していく事になるのですが…どこか機械的ながらもステキスマイルで人を魅了しちゃう、そんなプラグちゃんが可愛い!読者は彼女の追っかけとして、プラグのアイドル道を後押しして行くことになるでしょう…!

あと余談ですが、個人的に私はこじまさんの描くおっさんが大好きなんです。なんかだらしないけど憎めない、そんなおっさんを描かれるんですよね。それ前本人に言ったら、「アラレちゃんの則巻博士大好きなんだ」って言ってました。まさにそんな感じです、ドンピシャでした。


そんなわけで私のクリムゾンズ、森田先生のウルフ×ウルブズ、そしてこじま先生のPLUGと、若木組連載陣がサンデー超に揃いました。今後は同門の仲間として、されどお互いをライバルとして、切磋琢磨していくことになるでしょう…私も負けてられん!というわけで、こんな凄い状況になっちゃった少年サンデー超増刊号。今後ともどうぞ応援ヨロシクお願いします!!



ちなみに今日からまたクラブサンデーの方で、クリムゾンズ外伝第三話が更新されました。さらにさらに、2年前の私の読みきり漫画、「カラミストSHIN」もクラブサンデーに再掲載のようです!お時間のあるときにお楽しみください!


拍手いただいております!ありがとうございますー。以下、各種メッセージへの応答編です。

↑ただの子供だと思ったら大間違い。


さーて…先週は私の外伝のお知らせをしましたが。
今度はさらにお知らせすることが2点!

まずひとーつ。

先月の今頃にもご紹介しました…私のアシスタント時代の仲間である森田滋氏が、ついにサンデー超にて新連載を開始しました!

その名も…「新撰組秘闘ウルフ×ウルブズ」!!

一ヶ月前は謎だったタイトルも、今回はくっきり明瞭!なんで謎だったのか…それ自体が謎ですが…!

前も少しお話しましたが、この作品の主人公はなんと子供の近藤勇局長。屈強な男たちの中で一際浮いたこの近藤。果たしてなぜ壬生の狼たちが彼を「局長」と慕うのか…そして、その幼い体に秘められた力とは…?
そんな新撰組たちの物語はもとより、その画面の華やかさも見所です。秀逸なアクションシーン、可愛い女の子、良い面構えのもののふ達…まず間違いなく、うちの魚漫画には描きようのないものが沢山詰まってます!!詳しいことはこれ以上は控えますが、とにかく今日発売のサンデー超5月号はそんなウルフ×ウルブズが表紙を飾っております。新撰組好き、アクション好きな方は是非是非チェックしてみてください!新鋭作家が描く幕末アクションを堪能せよ…!





そしてお次が…これまたですね…本日発売のサンデー超5月号!
その巻末の予告には…

こじまたけし氏の新連載予告!これが載ってるんですねー!

この方も実は若木組のアシスタント仲間でして、このたび見事に新連載を始められることになったのです!去年の後半から…実はずっと続いていたのですよ…若木組ラッシュは…!

作品の題名はPLUG」。

アオリ文にはこう書いてあります。
「日本一のアイドルを目指しているアンドロイドですがなにか?」

さあ~~なんなんでしょうね?なんなんでしょうね!?どんな話になっていくんでしょうか…コチラも要チェック!今後もサンデー超は目が離せませんよ!




拍手いただいております!有難うございますー。以下、各種メッセージへの応答編です。
サイトに飛ぶ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
菅野 孝典
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1984/05/04
職業:
一応「漫画家」とカテゴリーされる存在
趣味:
イタズラ描き、一人暴走
自己紹介:
少年サンデーSにて「CRIMSONS ~紅き航海者たち~」という漫画を連載してました。今またゼロからのスタートでネタ作り中の無職。け、ひけけけ。
フリーエリア
最新CM
[01/09 げの]
[01/09 やっくん]
[12/30 シルベストリ]
[10/06 たいやき]
[09/30 げの]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
カウンター
"菅野 孝典" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]