忍者ブログ
2017-121 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 11 next 01
1  2  3  4  5  6  7 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 kurisinn.jpg 

↑厚塗りよくわからない。

先日の絵チャにご参加いただいた皆様、遅い時間にも関わらずありがとうございました。
突発的な企画だっただけに予想外のトラブルもありました…次回もし開くことがあれば開催者としてそれなりに対応できるようにしておきたいと思います。もーjavaだのドライバだのブラウザだのめんどいんじゃ…!!



さて、ついこの間年が明けたと思ったら、もう2012年も終わりです。色々とあったんですが、その割には超スピードで過ぎ去っていった気がします。


今年は多くの皆様の応援のもと、無事自分の初連載作品を完結させる事ができました。
去年がそれこそ初体験ばかりの激動の年であったのに対し、今年はそんな一連の流れに終止符をうつ節目の年となりました。
今も目下新作に向けて頭を悩ませており、この先もどう身を振ることになるかわからない状況ではあります。しかしこれもひとつの節目として前向きに受け止め、来年からの再スタートを頑張ろうと思います。









まぁ今までが恵まれすぎてたってのもあるんですが。

ここいらで一旦私の人生の折れ線グラフが下降に向かわないと、バランスとれないんでしょう。神様的には。
サケの滝登りも、助走つけて深いところから一気に飛び出さないと成功しません。
今苦しんでるのはそんな助走の一種だと思って、あまり気に病まないようにいこうと思います。最近わかったんですが、私は自分で思うより病みやすい人間のようなので。

まずは新年のスタートダッシュが切れるよう、実家でたらふく餅を食おうと思います。皆々様も、どうぞ良いお年を。



拍手いただいております!有り難うございますー。以下、各種メッセージへの応答編です。
 
PR

 絵チャはやはり、コミスタと全然描き心地違って大変。


年の瀬でございます。皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は数日間身動きが取れなくなる風邪に奇襲されて「なんだコレ」って感じです。連載終わって気が緩んだんじゃないのと言われました。そうかもしれません。

ところで、明日はみんな楽しみにしてるクリスマス・イ・ヴ。ですね。
ご家族でどこか美味しいレストランとか行かれるんですか?
仲間と深夜まで楽しく騒ぐのですか?
愛する人と夜の街に消えていくのですか?

私はですね。
漫画描いてますよ。
特にプライベートな予定ないですよ。
26日に忘年会あるからソレでいいや、って。
イヴは見限りましたよ。
つい昨日まで風邪引いてましたし。



でもですね。
流石になんか寂しいので。
人が集まらないこと百も承知で。
明日の夜に絵チャット会を数年ぶりに開こうと思ってます。

特に時間とかも決めてないんで、明日の今頃とかスタートじゃないですかね。
ブログとかツイッターで改めてお知らせするつもりですが。
「クリスマスなんぞに浮かれてんじゃねえ、ワシの右手は恋人の手を繋ぐんじゃなく、ペンを持つためにあるんじゃ」という硬派な方から。
「暇だったので」とおしゃべりに来る方まで。
歓迎いたします。

ほんと事前告知な上に、全国的なイベントある日ですからね。過疎る事必至でしょうが。
私は飽きるまで絵チャットにお絵かきしてる事でしょう。
そんな珍獣の姿を見たい方は、お気軽にチャットルームを覗いてみてください。


メッセージ頂いております!有難うございますー。以下返信コーナーです。



・鮮血夢想以来のファンさま>

ありがとうございます!本屋さんにもなかなか並びませんからね…!最終巻も締め切りギリギリまで変なトコ付け加えました。楽しんでいただければ幸いであります。このCRIMSONSは私の「少年漫画」として、「生物好き」として現状やってみたい事をやりつくせた作品だと思います。これを手にとって頂き、そして応援してくださった事深く感謝いたします。
「体にお気をつけて」とお言葉を頂いたのに、最近まで床に臥せっていました…!もういい加減冬の寒さも厳しくなってきましたね。また風邪をぶり返さないように、今後は体調管理に気をつけたいと思います。ファンさんもどうぞご自愛を。

 私の手元にも今朝届きました!解像度粗ッ!!!



お久しぶりです、悩みだしたらネットにも出没しづらくなるカンノです。

最近は色々と考える事が多かったのですが、本日はめでたい日なのでそのご報告に浮上しました。


CRIMSONS第4巻、本日から発売です!!!


2巻でもやったような裏表ブチ抜きの表紙でございます。サケサイドと人間サイド、両方がどんな結末を迎えるのか…まだ未読の方も、読んだけどサンデーSぶ厚くて保存が大変!という方も是非お手元に一冊!よろしくお願いいたします。
色々と内容についても話してみたい所なんですが、ブログであんまりネタバレしない方がよいと友人に忠告されたので…皆様の目でどうぞ確認してください。とりあえず、付録は4巻にもついてます。




拍手いただいております!ありがとうございますー。以下、各種メッセージへの応答編です。

 1年半以上に渡り私の漫画作りを手伝ってくれたアシスタントSさんからもらった記念イラスト。ワシが描くより色っぽいじゃないのクリス…!有難うよ!!



先日9月25日発売のサンデーSにて、私の初連載作品「CRIMSONS ~紅き航海者たち~」が完結いたしました。
監修の奥山先生、担当編集者様はじめ、沢山の方々のご協力と応援があっての完結であると思います。今はただ、この作品に関わった全ての人に感謝を述べたいと思います。本当に、本当に有難うございました。


CRIMSONSというこの作品。ベニザケという題材が題材だけに、作品としてはともかく商品としてどうなのか、などと始める前から不安要素も多い漫画でした。実際に始まってから、「マジキチ漫画」と評されて完全なイロモノと認識されているのがネット上で見て取れました。
しかし、奥山先生や担当さんの「良い物は作ってるから誇っていこう」という後押しの言葉、そして実家や地元から届く応援のメッセージ、作品を読んで下さった読者の方々のコメントを糧に、一話一話思いを込めて描き切る事ができたのです。
CRIMSONSの世界も、色んな生き物が繋がって成り立っています。人間の世界も同じ、沢山の人が関わって成り立っているのだと、私はこの作品を描く事で改めて知ることができました。今後はその繋がりの大切さを真摯に受け止めて、新しい作家生活の第一歩を踏み出そうと思っています。



CRIMSONSの最終回。既に読まれた方は「何これサケどこいった?」という内容で少し戸惑われた方もいるかもしれません。私も最初はこんなラストを想定していなかったのですが、この話の内容を決定付けたのは、おそらく去年の東北地方太平洋沖地震です。
あの地震で、私の故郷の福島で甚大な被害がありました。福島だけにとどまらず、東北・関東を巻き込んで、日本全体が混乱する事態に陥りました。あの地震以降、日本を窮地に立たせる難関が続いています。あまり素直に、明るい未来を見つめることができないのが現状です。

ですが、そこで歩みを止めてしまうわけにはいきません。我々は生き物です。動物です。生きている限り、動き回る存在です。
ベニサケ達が天敵や逆流を乗り越えて子孫を残すように。我々も同じ生き物として、困難に立ち向かわなければならないのです。立ち向かうのを止めてしまったら、何も変わることはないのですから。
漫画のネームだってそうなんです、頭の中でずっと溜め込んでて進まなくても、紙に描いてみたら思った以上に捗る、なんてこと良くあります。
とりあえず動くことができれば、何か変わるかもしれない。サケが宇宙にだっていけるかも知れないのです。その「進んでいく」という前向きな心を、日本という国に忘れて欲しくない。そんな事を、今回の最終回で訴えられれば良いなと思い、話を作った次第です。
そんな事考えてる割には結構おちゃらけた表現も組み込んで混乱誘ってましたが…明るく行きましょう、的な意味合いという事で(後付)。

かくいう私も今現在、次の作品をどうするか、色々悩んで歩を進める事ができていないところです。が、足掻いてはおります。色々なものを見て、自分の中で化学反応が起こせるように勉強中です。シンタロウ達を宇宙に送り出した身として、私も新しい道を開拓していこうと動く所存です。もしまた私の作品を見かける事がありましたら、「ああ、カンノは脱皮か何かできたんだな」と思ってください。私も進化だか変態だか出来るように頑張ろうと思います。


最後に改めまして、ここまでCRIMSONSを応援してくださった方々に、深く御礼を申し上げます。次回作も、CRIMSONSに負けない物を作りたいと思っております。それがお披露目できる日まで、しばらく表舞台からおさらばです。





拍手いただいております!有難うございますー。以下、コメントへの応答編です。

 暑中見舞いに油揚げとか喜ぶのは姫様だけです。




夏も本番って気候になって参りましたね。
オリンピックも開催されて、色々と熱い季節になりそうです。
我がCRIMSONSの原稿の方も佳境に入りまして、暑い夏のテンション吸収して執筆していく所存です。

とはいえ、せっかくの夏なんだしどこかしらにはいきたい。


夏後半とはいえ、色々と計画はあるんですよね。
旧友の結婚式があったり(その式用のウェルカムボードを描くことになりました、へへ)、大学の友人達と在学中に世話になった牧場に乗り込むとか、作家仲間で日帰りの温泉旅行に行ったりと。去年は去年で北海道に行くというビッグイベントがありましたが、今年もそれなりに出回る用事が多くなりそうです。……てかもうそろそろ北海道行ってから1年経とうとしてるの…?早い…早すぎる…!



そう、北海道で思い出しました。

CRIMSONSの監修をしていただいている奥山文弥先生がこの度本を出版されました。


サケマス・イワナのわかる本


川に帰ってくる魚、サケマス魚類をメインに据えた学術本です。
CRIMSONSでも色々とサケの生態などを紹介してはいますが、漫画である故に色々と限界がある部分も出てきます。しかしそんな漫画以上にサケを教えてくれるのが本書です。数々の有志から集められた貴重な魚達の写真、遺伝子から骨格、生態に至るまでのサケ紹介、そして現在の人間とサケとの関わりを含めた解説が目白押しです。

日本人として馴染み深いサケという魚。しかし食料としは知っていても、それ以上のことはあまり知らない…そんな人が大半だと思います。CRIMSONSもそんな所を突いた作品です。もしこの漫画がきっかけでこの魚達の事をもっと知りたい、と思い始めたのなら、是非この「サケマス・イワナのわかる本」をご購読ください。他では読めないサケのディープな世界が待っていること請け合いです。




拍手いただいております!有難うございますー。以下、各種メッセージへの応答編です。

本日買ってきたポケモンBW2のプレイ記念。名前の由来はわかる人だけわかってください。



漫画家稼業は己の身を切って売る商売だから、外から取り入れるもんがないとダメになる、って師匠の言葉がありました。
言われた当時は字面の意味でも理解はしていたのですが、実際に「ダメになる」状況を味わうと、改めて言葉の重みが増しますね。


というのも、ここ最近CRIMSONSの総仕上げをするために作業しているわけなんですが、それに集中するためあまり外部からの情報を取り入れられていなかったんですね。作画をする時もロクにテレビすら観れず、聴き慣れたBGMを流してひたすら執筆…。テレビが邪魔に感じるのは間違いなかったんですが、だからといってそれをずーーーっと続けていると、いい加減「枯れる」。脳味噌が「枯れる」。

昔から変なバランスで根つめる性格なので、今回もそのノリでずっと作業ばっかりしてたら、脳味噌老け込んでしまったようです。漫画家はマスメディア関連の仕事でもありますから、常に新しい情報キャッチするアンテナ張ってなきゃいけないんですが、それがどうもできない。家の中で缶詰になって作業するだけじゃなく、脳味噌まで引きこもって腐り始めてます。これはいかん。


なので、せめてまずは自分に馴染み深いジャンルの新風を感じようじゃない?って事で、新作のゲームとか買ってきました。ポケモンBW2。

自分が最後にプレイしたシリーズがルビー・サファイヤ世代だったので、かれこれ10年振りのポケモンなんですよね。昔に比べたら色々変わっててビックリしました。
主役のポケモンの種類はもちろん、わざマシン使っても無くならなかったり、マップは3Dになってたり、子供が平然とテレビ電話持ち歩いてたり…。驚きポイントはまだまだありますが、これでなかなか脳味噌にも良い刺激になったんじゃないでしょうか。

あとは、同業者の作品を読む。
これも私の駄目な所なんですが、あまり手広く漫画を読まないんですよね。いや、世の中にはあまり漫画読まずに大成してる方もいますが…私はそっちサイドではないので、読んで勉強しなきゃなんですよね。
最近その必要性を如実に感じ始めてまして、これは連載をやってないとわからなかった事なんじゃないかと思います。自分の中の圧倒的な引き出し不足、応用力不足、発想力不足。そういうのは全部何かしら材料があるから発揮されるわけで、その材料を大切にしてない私が行き詰るのは自然の理でございます。

今後は漫画といわず、色んな表現作品を貪欲に学ばなければならないでしょう。そしてその中から、自分の作品に合うようにこねくり回して昇華する。本来なら、お金を貰って漫画を描いてる人間なら当然にやってなきゃいけない事を、私はしてなかった。それを痛感した今、しっかりと行動に移していかないといけませんね。


久々の更新がなんか重苦しい内容でしたが、そうやって振り返った甲斐があって?滞っていたネームもなんとか進みそうです。CRIMSONSのサケ達の旅もクライマックスが近づいていますが、未熟ながらも最後まで描ききるべし。脳味噌の風通しよくして、気合入れなおして頑張っていこうと思います。



拍手いただいております!有難うございますー。以下、メッセージへの応答編です。


・鮮血夢想以来のファン さま>

おお!ご存知ですか!そちらは空手の稽古に…。なんでああいう観たいテレビがある時間帯に限って、習い物とは存在するのかと当時は呪ったものです。VHSの録画機器があった人間は勝ち組だったでしょうねぇ…(遠い目)
確かにあの剣にはびっくりしました。OPでさんざんロトの剣が出ていたのに、まさか収納式の剣が出てくるとは…!しかも盾に乗って飛んでた気もします。オリジナルならではの良さですね。ダイの大冒険も、DQ漫画の金字塔のひとつですよね、また読み直してみたい。
ヒゲトリマーの性能自体は素晴らしいのですが、いかんせん自分のヒゲの機嫌がよろしくなく…なかなか理想のヒゲが表現できません。もし納得いく出来になれば、それこそあの青帽子の顔にヒゲを書き足してもいいかも知れませんね…!


 私と同年代の人ならわかりますかねー。アニメ「ドラゴンクエスト」に出てくるデイジィ。習い事の時間と被ってて再放送が観れなかったんですよねー。でも記憶には焼きついてる。


ちょいと今、何度目かのヒゲ伸ばしに挑戦しております。
過去にも伸ばしてダンディヒゲを目指そうとか企ててたんですが、どうもしっくりこなくて全剃りしちゃってたんですね(アゴ以外)。


でも今回はなかなか良いペースなんですよ。ネームで散々悩みまくってロクに身だしなみもしてないせいで、パッと見盗賊のよう。この無様に生えまくったヒゲをあとは調整してやれば、みるみる内にオシャレヒゲに転生することは間違いないでしょう。

しかしここでも過去の挫折ポイントがあるんですよね。ヒゲの長さの調節がなかなか上手くいかない。
今まで普通の電気シェーバーで適当に切りそろえてたんですが、そんなんで見事なビューティヒゲなどできるわけもなく。長さバラバラになったり逆に剃りすぎたりして、結局全剃り…なんてこともありました。


そんな事態を回避するためにも、私はついに奴を買いました。

ヒゲ用トリマー。

長さ調整用のバリカンですよね言っちゃえば。
これさえあればもう剃り過ぎもバラバラもありえない。科学の力を存分にかりてステキヒゲを育てられるわけですよ。まだ生え揃ってない部分もあってパーフェクトヒゲになるには時間がかかりそうですが、盆栽を愛でるが如くマイラブリーヒゲを育てていこうと思います。最終的には年齢を重ねて夏目漱石バリのジェントルヒゲを口に蓄えたいところですね。板垣退助レベルの仙人ヒゲまではちょっといきすぎかな…でも一度くらいやってみたいですね。


ところで今何種類ヒゲの名前出しましたっけ。






拍手いただいております!ありがとうございますー。以下、各種メッセージへの応答編です。
サイトに飛ぶ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
菅野 孝典
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1984/05/04
職業:
一応「漫画家」とカテゴリーされる存在
趣味:
イタズラ描き、一人暴走
自己紹介:
少年サンデーSにて「CRIMSONS ~紅き航海者たち~」という漫画を連載してました。今またゼロからのスタートでネタ作り中の無職。け、ひけけけ。
フリーエリア
最新CM
[01/09 げの]
[01/09 やっくん]
[12/30 シルベストリ]
[10/06 たいやき]
[09/30 げの]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
カウンター
"菅野 孝典" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]