忍者ブログ
2017-101 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 09 next 11
161  160  159  158  157  156  155  154  153  152  151 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑しばらく本持ってニヤニヤしてました。



私はあまり口で喋るのが上手くありません。
会話すること自体は楽しいですし、大好きです。人の話を聞いているのも面白いですし、人には「お前は聞き上手だな」と言われたこともありました。

しかし、自分が主体になって話を進めようと思うとなかなか上手くいかない。色々と考えてる事や伝えたいことはたくさんあるのです。それをいざ外に出してみようとすと、脳の指令が口のキャパシティを越えているのか、なんともテンポ悪く言葉が出てくる。その途中でも脳内では「あ、こっちを先に話した方がよかったか?でもこっちも言っておかないと」と渋滞を起こしてます。
決してコミュニケーションに深刻な影響を与えるレベルではありませんが、この口下手さは私にとって結構なコンプレックスです。


そのかわり、昔から「何かを作る」という行為は大好きでした。
プラモデルに始まり、粘土細工や水彩画。ハリボテの被り物を作った事もありました。言葉では余分だったり、逆に足りなくなってしまう私の考えを、じっくり推敲した上で別の形に表す。「作品」に自分の考えを理想に近い形にして込める。それを見た人からは、何かしらの反応があって、私もそれに対する反応を返す。それは「言葉」だけで行うより心持ちスムーズなやりとりに感じます。
「作品」を介在してのコミュニケーションは、テンポの悪い自分の口をしっかりフォローしてくれました。「作品」があったからこその交流もありました。いつの頃からか、私にとって物作りというものは、我が半身のように切って離せないものになっていました。


そういう意味では、「漫画」というモノは、私にとって限りなく理想に近いコミュニケーションツールです。
作者の主張や主義を主軸にして、キャラクター達が雄弁に語り、派手に動き回る様は、作者の代弁そのものです。小学5年生から学習ノートに漫画を描き始めた私も、「これカッコイイと思うんだ、これ面白いと思うんだ」という考えをキャラクター達に託していました。単純に絵だけではなく、じっくり選んだ「言葉」もある「漫画」は、とても分かりやすく人に己の考えを伝えてくれました。周りの友人たちはそれに笑って同意してくれたり、いやいや違うと意見もくれたりしました。その漫画を媒体とするコミュニケーションの面白さにとり憑かれてしまった私は、漠然と「漫画家」としての自分の将来を思い描くようになります。


そんな少年時代から16年。あの頃は学習ノートだった自分の「自称・漫画雑誌」が、今日正真正銘の「単行本」の形になりました。漠然と夢見てたものが今、しっかりと現実に目の前に存在している。この高揚感は何者にも代えがたいものです。

しかも、この「単行本」というコミュニケーションツールは、学級の友達にとどまらず、日本全国に行き渡るとても範囲の広いツール。「漫画雑誌」の形では実現できない、100%菅野孝典な本。口下手な私の考えが、全国レベルに広がっていくのかと思うと、とても不思議な気分になります。これからキャラクター達が私の代わりに語ってくれることで、また色んなコミュニケーションが生まれていくと思うと、どうしようもなくワクワクします。自分の初めての「単行本」が、少しでも多くの人に私の考えを伝えてくれることを祈るばかりです。



こんな素晴らしい「モノ作り」が出来たのも、多くの方々のおかげです。
迷走し続けた私を叱咤し、共にモノ作りをしてくれた担当編集者様、監修の奥山先生。
漫画をはじめ、数多くの事を教えてくださった漫画家の師匠方、そして共に切磋琢磨した漫画家仲間の皆。
被災しながらも、私の事を応援して支えてくれた故郷の家族と親類の方々。
そして、こんな私の「メッセージ」を毎月読んでくださる読者の皆様。

これら全ての方々とのコミュニケーションのおかげで、今回のCRIMSONS単行本第一巻は完成しました。「言葉」では相変わらず上手く伝えられないかも知れませんが、本当に、本当に有難うございました。こう思い返してみると改めて、人は生かされているという認識が強くなります。

これに対する私の恩返しは、やっぱり「漫画」で私の「メッセージ」を少しでも多く送ること。一般社会では役に立てない私でも、そんな社会で頑張る方々に元気の出る「メッセージ」を送ることはできます。これからも、日本に生きる方々を、微力ながら「漫画」で応援させていただきます。まだまだ未熟で、それこそ「何を言ってるんだお前は」などと言われてしまう事もあるかもしれませんが、それが漫画家として私に出来る、世の中に対する精一杯の「コミュニケーション」ですから。




メッセージいただいております!有難うございますー。以下メッセージへの応答編です。というわけで皆様…

CRIMSONS単行本第一巻!どうぞよろしくお願いします!!

・げの さま>

お久しぶりですー!この度はおかげさまで単行本を発売することになりました…!夢の一つがついに形に…感慨深いです!
おお、有難うございます!ある意味私の作品の中の唯一のヒロインですからね、この子だけでも可愛いと言ってもらえたら生みの親としては万々歳です。師匠達がまた魅力的なヒロインを描く方々でしたから、多少は私も吸収できた…ってことなんですかね?今後ももっと可愛いヒロインを描けるように頑張りたいと思います!
PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
無題
おめでとうございます!!!!
げの EDIT
at : 2011/09/17(Sat) 10:37:39
無題
管野先生おめでとうございます!!
先生のコミックを弟と心待ちしてました!!クリス可愛いすぎですね!
150ページの2コマ目のクリスにやられましたww
応援してます!頑張って下さい!!
in EDIT
at : 2011/09/18(Sun) 00:39:24
おめでとうございます!!
祝☆おめでとうございます!

ニコニコで出会った面白いMAD作品達に魅了されてからというもの、
いちファンとして大好きな菅野先生のコミックが発売される日を心待ちにしてました!!


感慨深く感動しつつ何度も拝読させてもらってますヽ(*´∀`)ノ

カバー裏のきせかえも面白い(笑)
EDIT
at : 2011/09/19(Mon) 01:43:01
無題
単行本おめでとうございます。
本日買わせていただきました。

私がこの漫画を知ったのは先輩の紹介でありまして、書いた人は実はうちの・・・ということで読み始めました。
無駄に熱い展開(そしてシャケというチョイスっ)なので、続きが気になるモノです。
応援しておりますッ。
ありりんす EDIT
at : 2011/09/19(Mon) 22:56:53
無題
単行本発売おめでとうございます。

遅くなりましたが買って来ました。
自分のことではないのになんだか感慨深く思ってしまいます。

それにしてもカバー裏(笑)まさに誰得(笑)
しかしクリスの着せ替えなら激しく俺得なので2巻のカバー裏では是非みたいですw

それではお体にお気をつけて頑張ってください
ogo EDIT
at : 2011/09/23(Fri) 18:58:59
TRACKBACK URL 
サイトに飛ぶ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
菅野 孝典
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1984/05/04
職業:
一応「漫画家」とカテゴリーされる存在
趣味:
イタズラ描き、一人暴走
自己紹介:
少年サンデーSにて「CRIMSONS ~紅き航海者たち~」という漫画を連載してました。今またゼロからのスタートでネタ作り中の無職。け、ひけけけ。
フリーエリア
最新CM
[01/09 げの]
[01/09 やっくん]
[12/30 シルベストリ]
[10/06 たいやき]
[09/30 げの]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
カウンター
"菅野 孝典" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]