忍者ブログ
2017-071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 06 next 08
116  115  114  113  112  111  110  109  108  107  106 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



↑MHFで一番強化に励んでいる装備・メランシリーズ。ネコからしか王冠もらえないとかどんだけマゾゲーですか…。いや、アルビノの霜降りはいらねえ。王冠よこせ。



今日はひとつ昔話をしようか…。
そうだなぁ。あれは確か…10年前だったかな。
いや、まてよ…そんなに前じゃないな…3年前だっけ?
うーんもっと最近だった気がする…1年…半年…?



あ、そうか。一ヶ月前だ。




と言うことで、この一ヶ月間何の音沙汰もなかった上に、一ヶ月前のお話をします。取り立てて書くことなかったしな!丁度いいよ。約束もあったし。


5月4日(実は誕生日だった)に築地に行ってまいりまして。
ずっとウチの師匠から築地の寿司は旨いと聞いてたんで、暇があったら行ってみようとずっと思ってたのです。でもそう思ってるうちはいかないのが人間なんですよねー。なんかのきっかけでもない限り。ズルズルと行かない。

で、そのきっかけができたのがある方からの提案。

「GWに築地行きましょう!」

ウチとリンクさせてもらってるハルジオンさんからの打診でした。彼は今年の春から東京近辺に引っ越してきたので、ちょくちょくお会いする機会が増えたのです。出不精な私としてはとてもありがたい提案で、4日に築地で!という約束を交わしたのでした。


さて当日。私よりも先に築地に着いたらしいハルジオンさん。改札前でイケメンが立ってるとメールがきたので、さぞ光輝いてるんだろうな?と思って合流。


uho-iiharuzion.jpg

























約束は果たしたよ?私は何も悪くない。


冗談と世間話をしながらトロトロ歩いていくと、程なくして築地市場に到着。どうやらこの日は連休中にもかかわらず特別に市場が公開されていたらしい。敷地内は潮の香りがして、いかにも海の男が集いそうな感じの大雑把な作業場が見え隠れしてました。

とりあえず私はこの時のために朝飯抜いてやってきてたので、早速下調べしていたお店に向かいました。空腹もいい調味料になって、さぞ美味しい寿司が食えるであろう。そう思って現地にいってみると…。



「本日休業」



………はぁん?この稼ぎ時に休業だと?長蛇の列ならまだしも…休業だと!?
他にも回ってみても、下調べしておいた美味しいといわれるお店はつくづく休業。あとから聞いた話ですが、この手のしっかりしたお店は休日祝日はしっかり休んでしまうそうです。それぐらい日ごろの売れ行きがいいって事か?それにしたって全滅してなくたっていいだろうよ…何のためにわざわざ築地に来たと思ってんだ。アンタらの握る寿司が食いたかったからだよ!!


ないのはもう仕方ないので、結局市場外に出て近くの海鮮丼屋に。せっかく来たのにすみませんとハルジオンさんに謝ると、「親が漁業関係者なので魚に執着はないっす」とのこと。おのれえ…うらやましいこと!

私の名前と同じということで「カンノ」っていう海鮮丼屋にイン。できれば写真を撮りたかったんだけど、撮影はお断りとしっかり書いてあったから仕方ない。とりあえず中トロとサーモンの丼ものを頼んで待つ。

朝飯と昼飯を兼ねた海鮮丼がついに到着!脂が光ってイヤでもきれいに見えますな!とりあえず一緒についてきた味噌汁のんで気持ちを落ち着かせ、さっそく一口。

おふッ!はじける!イクラがプチっと弾けるよ!流石に回転寿司のくたびれたイクラと違って、新鮮さのせいか心地よい噛み応え。中トロもいい具合にとろけて、サーモンの塩味も丁度いいアクセントに。寿司は食えなかったけど、普段より上等な海鮮を食べられたのでよしとしよう。今度築地に来るときは絶対に寿司を食ってやるんだ…そんな誓いを胸に、私たちは築地を後にした。






さて、夜に居酒屋にでもいって飲もうという段取りだったので、その間どこかにいこうと言うことに。そこでハルジオンさんが「今東京タワーでマイケル展やってるんですよね!」と提言。

マイケル・ジャクソンの遺品の数々が東京タワーで公開されているというイベントは知っていたけど、まさかこの足でいけるとは思ってもなかった。せっかくの機会だしいってみようという流れに。


まず飛び込んできたのはありえない行列。なにこれ!?全員マイケル展の客!?と一瞬不安になったが、どうやら純粋にタワーの展望台待ちの客が多かったらしい。何だかんだでやはり大人気なのね、観光地・東京タワー。

2、30分ほど並んでいよいよマイケル展の中へ。入り口には、実際にマイケルのネバーランドの入り口に飾られていたという大理石の門が。



100504_162831.jpg


























へー…これが大理石でできてるとは。とりあえずどうやって運び込んだんだろう?分解可能なのかな。


中に入るとマイケルの代表的な曲が流れ始め、まず最初にマイケルが会社と交わした契約書の実物が。そして数々のレコードと受賞トロフィー。おそらくマイケルじゃないと着こなせないような衣装がずらり。中には去年行われるはずだったライブツアー用の衣装や小道具もあって、ファンの人はこれを着てるマイケルが見たかっただろうなぁと少しシンミリした。

となりのハルジオンさんは入る前から「マイケルを感じる…!」と若干興奮気味だったが、中に入ってからも静かに楽しんでた様子だった。残念なのは私がそれほどマイケルのこと知らないことなんだよなぁ。ファンだったらもっとはしゃいでたんだろうけど。それでも何かすごいなーと感じられたんだから、やはりマイケルはスターだったんだろうなぁと思った。



マイケル展の後は東京駅に戻り、またまたハルジオンさんが「皇居に行きたい!」と提言されたので、ご案内することに。私も皇居前は何度も通ったんだけど、実際中の方は歩いたことなかった。これもいい機会だった。

中の庭園…でいいんだろうか?とにかく松が四方八方に植えられてる空間にでて思わずはしゃいだ。広い!皇居の敷地ってこんな広かったの?そりゃ市民がランニングしだすわな…あの広さは心まで開放的になる。
ちょっと開放的になりすぎたのか、二人して天皇陛下のお膝元で最近の漫画・アニメ事情について話し出す始末。ハルジオンさんが男の娘の魅力について語ってくれたが、私には理解できない領域だったな…!もうボーイッシュな女の子でよくないかそれは?と思ってたとこで、ようやく自分らが痴態をさらしていた事に気づき、ソロソロと居酒屋の方へ移動しました。陛下、ご無礼をお許しください。




そんなこんなで色んな所に歩きまわった一日の最後は、築地市場から仕入れてる魚をつかうという居酒屋さんで過ごす。わざわざ本場にいってきて夜はそんな所で過ごすとか、もはやわけがわからないが、美味しかったのでよしとする。酒を飲みながら、最近の月光条例はどーだとかラノベの意義はこーだとかオタクな話をしていたかと思えば、ちょっとした隙に今までの人生について振り返り始めたりと話題が二転三転して面白かったです。ハルジオンさんが語り部タイプで私が聞き手タイプなのでバランスいいんでしょうな。
そんなこんなで時間も過ぎて、また会いましょうと約束を交わして東京を後にしました。あんまり東京でぶらつくという事をしないので、何度も言うけどいい機会でした。



ついでに。
マイケル展のお土産コーナーで、なんかの資料になるかもとパンフレットを購入したのです。

100528_212650.jpg



































お馴染みのポーズでかっこいいマイケルで飾った表紙。しかし、購入してかなり後に気づいたことがひとつ…。




100528_212715.jpg

























おいィ?なにサンプル売りつけてるわけ?
店員と客が気づかないことでこんな事態に…まあ逆にレアだよ。レアだということにしておくよもう。








~今回のニコニコ~

この人前々から人間やめてるなーと思ったけど、今回はマジで感動した。おもわずマイリス登録。







拍手いただいております!ありがとうございますー。また長い間空いてしまって申し訳ありません…!以下、各種メッセージへの応答編です。

・竹馬さま>

「筋子推奨!これで君もムキドルデビュー!」って見出しでダンベル売るんですねわかります。地雷臭がすごいんですがねェ…?
たぶん突っ込み役一切なしの異次元ギャグ、って形になるのかなぁ。「ムキドル可愛いですがなにか?」ってのが常識の世界。カテゴリー的にはシリアスなギャグに近いのかも。ゴンさんみたいな。

 


・鮮血夢想以来のファンさま>

おお、ファンさんも新生活開始ですか。今頃はもう新天地にも大分慣れた頃でしょうか?
コピーという作業の中にも要求されるスキルがあるでしょうし、それを完全に理解しないとコピーすらまともにできない。ましてや一足飛びしてそれより優れたものを作るのはもってのほかでしょう。「理解する」という作業の重要さを最近になって認識し始めたので、今後もこれに気をつけて漫画を描いていこうと思います。自分の好きなもの、自分にできること、参考にできるもの、色々な要素の理解を深めれば、その中の要点を組み合わせて、きっと自分のオリジナルができると思います。
☆5を5回!!なんという支援…ありがとうございます!せっかくWEBで掲載スペースを気にしないで済むんですから、ずっと公開してて欲しいですよねー。少なくとも新人の作品は露出が少ないんだし。

 


・りんく。さま>

はっはは。前回の更新も久々だったのに、今回も実に一ヶ月ぶり。もう月1更新がデフォルト化してる菅野です。
もう大多数がそうなんだと思いますよ。世の中の作家さんは。自分が影響を受けた作品の模倣から始まって、そのままじゃダメって言われて、じゃあ自分らしいのって何?って悩んで…。そこで改めて自分と向き合って、自分の中から使えそうなものを整理していったら、やっと手がかりが掴める。それが単品で売れるような斬新なものなら天才って言われるだろうし、過去の名作をテンプレートにして、そこに自分にしか出せない味を加えられれば「その時代の名作」になれるんではないかと。
「今の流行はなにか?」とか「誰もやってないことを探そう」って方向から作品作りをする人もいますし、それも間違いじゃないでしょう。けど、結局描くのは自分なんですから、自分が納得して描ける作品を模索したほうが建設的だと思います。その方が絶対個性が出てくると思いますし、ジャンルや流行でつける個性よりは絶対良質だと思います。そのためにもまずは自分を知る事。そして自分を活かせるようなテンプレート探し。これが今のところ私が導き出してる漫画作りの形です。

 


・NONAME改めナナシさま>

確かに、データの量が多いほうがいいってわけでもないですよね。それを全部詰め込めば良い作品になるかと言えばそうでもないし。そのデータの山をさらに分析して、必要最低限のものを選び抜く眼が大切になってくると思います。そうすればデータばっかりの状態よりも身軽になりますしね。知識とセンスの噛み合いが上手くいければ、ようやくプロと言えるんでしょうか。

 


・ペルセウスさま>

おお!市民プール!理想的ですね~。利用料金もスクールとかにくらべて良心的ですしね。その分人口密度が過度になるのは…まあ眼をつぶるしか!私も酷い便秘に悩まされてからは運動の重要さを再認識しました。買出しもなるべく歩行で行くようになったし…また近々プールにいこうっと!

 


・Mr.A太さま>

応用と改良ができるって事は、つまり元となってるものを十分理解できてるって事ですからね。応用と改良も立派な職人芸なんだと思います。新開発は一握りの天才たちにまかせておけばいいのです。ふへっ。
実際ああいう少林寺のイメージって今でもリアルで見れるんでしょうかねェ?それとも少林寺もかなりカジュアルになっちゃってるのかな…衛星中継で師父が弟子の指導とかしてたらやだな…。
な、なんという偏り具合…!ある年代の人間ならFFとDQは両方やってそうですけどねー。RPG全盛期…懐かしいのう。ソフト一本1万円越えしててビビッたのも良い思い出です。

 


・刻等さま>

後ろに立った人は容赦なく狂気の瞳にやられてラリっちゃいます。撲殺とどっちがいいかなー。どっちもやだなー。
ですね。加工技術ってのも立派な技術ですからね。加工するにも元となるものを熟知しなきゃいけませんから、並大抵の技ではないでしょう。単なるパクリと言われるか、それ以上のものに昇華させるかは、技師の腕と意気次第ですね。
あ、甘いもの大好きみたいですねェ…。そうなると運動は欠かせないですな。ウチの師匠は運動したくてもできないので、普通の食事を色々制限してますが。何かと健康を維持するために、何かを犠牲にしなきゃいけない…デリケートよなぁ生き物って。
 

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
無題
自分も東京住まいなら…ちくせぅorz
海鮮丼食べたいw
いつか自分もお会いできたらなーと勝手に思っておりますw
機会が有れば是非・・・っ!
俺…もし会えたらサイン書いてもらうんだ…!

この高速無理ゲーの人が地元友達の友達だと聞いてびっくりしましたw
Shin。 EDIT
at : 2010/05/29(Sat) 02:40:22
無題
一ヶ月の間にこんな面白そうなことを経験していたとは・・・ウラヤマしいっ!
NONAME EDIT
at : 2010/05/29(Sat) 10:27:44
無題
誕生日だったんですか(プロフィールにちゃんと書かれてますね。自分の注意不足です)おめでとうございますw
自分は寿司食っても値段に釣り合うほど舌が肥えていないので正直、どうなんでしょうか?w

ミサイルや核など今の時代は人間同士が直接拳で戦わなくてもいい時代になりましたし、そんな時代に古いやり方を意固地にやり続ける必要はないんだと思います。
ただ、衛星でのやり取りで精神的に鍛えられるかどうかは疑問ですよね
人間ってやっぱり直接のコミュニケーションを通してでないと伝わらないことが多いし、
お互いに影響しあって成長するのが難しい、、、のかもしれませんw

自分の住んでいた地域が特殊なのだろうか、、ww
FFのみの仲間は、親の教育が厳しいからなのだろうかwww
Mr.A太 EDIT
at : 2010/06/04(Fri) 03:20:47
TRACKBACK URL 
サイトに飛ぶ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
菅野 孝典
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1984/05/04
職業:
一応「漫画家」とカテゴリーされる存在
趣味:
イタズラ描き、一人暴走
自己紹介:
少年サンデーSにて「CRIMSONS ~紅き航海者たち~」という漫画を連載してました。今またゼロからのスタートでネタ作り中の無職。け、ひけけけ。
フリーエリア
最新CM
[01/09 げの]
[01/09 やっくん]
[12/30 シルベストリ]
[10/06 たいやき]
[09/30 げの]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
カウンター
"菅野 孝典" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]