忍者ブログ
2017-071 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 06 next 08
143  183  182  181  180  179  178  177  176 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 大型の生き物にも出会いたかったな。



昨日は遠出しまして。

大学の同期の友達3人と一緒に、神奈川県は丹沢湖の方まで山登りに行ってきました。
山登り、といってもそこまで本格的なものではなく、ゆるい傾斜の山道を生き物観察しながらゆっくり進もうという内容。
普段あまり運動できてない人間としてはむしろその方が有難いんですがね。

ここ数日はうだるような暑さが続いて、東京の街中はまともに暮らせたもんじゃありません。
しかし向かった先の丹沢方面は、高度も高いせいか空気の涼しいこと。同じ関東圏でもここまで違うものかと、驚きを隠せませんでした。



岩肌の多い登山道の隣を流れる川の水はとても澄んでいました。やはり川のせせらぎの音というのは心癒されますね。涼やかさが一層増します。こんなところで釣りをしたらさぞ気持ちいいでしょうねェ。釣り………もう全然やってないな(苦笑)。

















ちょっと岩場や草むらを見渡すと、出てくる出てくるクリーチャー。
山登りの参加メンバーが野生動物研究室の出身ばかりという事もあって、生き物探しの眼は一般よりも優れているようです。次々と「あ、これ○○だ」「あれ××じゃない?」と見つけては検証に入ります。まったく登山が進みません。仕方ないね。




日本に生息するニホントカゲも居ました。5分ぐらい岩場に隠れまわるこの子を追いかけてました。めっちゃ素早い。
これは帰ってから知ったのですが、ニホントカゲは住むところで遺伝子情報に差異があり、今まで一種だと思われていた彼らが実は3種存在していたことがわかったそうです。
西日本にいるのが今までどおり「ニホントカゲ」。
東日本、そして極東ロシアに生息するのが「ヒガシニホントカゲ」。
最後に伊豆の方に暮らす「オカダトカゲ」。
ずっと全然見分けもつかなかったらしく、この一件で遺伝子研究の凄さがわかりますね。丹沢に居たこの子は、ヒガシニホントカゲ、というのが濃厚でしょうか。素人目にはさっぱり区別付きません。




これ、なんだか分かるでしょうか。
ウスバカゲロウの幼虫、通称「アリジゴク」の巣であります。
集まりすぎだろ!!流石に絶対アリも警戒するわ!!
思わず突っ込まざるを得ません。故郷の神社の砂地とかにも巣があるのを見たことがありますが、ここまで密集して出来ているのは初めて見ました。競争率とかどうなってるんですかね。




で、アグレッシブな仲間の一人が巣からアリジゴクちゃんを掘り起こしました。
写真とかでは見たことがあるものの、実物を見て、さらに手の平にのせたのは生まれて初めてでした。凶悪なアゴと比べて幼児体型なボディですね。非常にアンバランス。
手の平にのせていると、砂の中に潜ろうと必死なのがわかります。この丸い尻をせわしなく動かして、砂を掘り起こそうとするんですね。非常にくすぐったいです。そしてその頑張る姿に萌えました。




そんなアリジゴク地帯の砂場にはこんな痕跡も。
シカの足跡です。丹沢にはシカが増え過ぎていて問題になってますが、それでもこんな痕跡を見つけると「おお」ってテンション上がりますね。他にも木の実の粒であろうものが大量に密集していた何かの糞など、いわゆる「フィールドサイン」という野生動物の痕跡が見つかりました。残念ながらそれを残した本人達には出会えませんでしたが…。少し大学時代の実地研究を思い出してホッコリしました。


こんな調子でアラサーの男女がキャッキャ生き物探索してたら、結局目的の地点につくまえに小雨が振り出して、仕方なく帰ることになりました。でも山登りというより探索がメインみたいな所があったので、とても充実した企画だったと思います。立案してくれた友人と、同行した皆に感謝ですね。

久々に山登りをして、生き物ともたっぷり触れ合うことが出来て、私の心も綺麗に洗われたようです。山から帰った体は汗でぐっしょりでしたが。
その甲斐もあったのか、今朝起きたら天啓でも受けたのかという勢いで、良いアイデアが浮かびました。この山登りの力をかりて、新作の制作に励もうと思います。
さぁて…そうめんでも食って今日も頑張るか!
PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
サイトに飛ぶ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
菅野 孝典
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1984/05/04
職業:
一応「漫画家」とカテゴリーされる存在
趣味:
イタズラ描き、一人暴走
自己紹介:
少年サンデーSにて「CRIMSONS ~紅き航海者たち~」という漫画を連載してました。今またゼロからのスタートでネタ作り中の無職。け、ひけけけ。
フリーエリア
最新CM
[01/09 げの]
[01/09 やっくん]
[12/30 シルベストリ]
[10/06 たいやき]
[09/30 げの]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
カウンター
"菅野 孝典" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]