忍者ブログ
2017-051 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 04 next 06
150  149  148  147  146  145  144  142  141  140  139 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


↑「涼宮ハルヒの驚愕」読了。数年のブランクあってもハルヒはやっぱハルヒでした。まだまだ複線の置き土産あったし物語は続く模様。次はいつになるのかな?



先日の打ち合わせでのこと。

私の漫画の担当編集者さんと、クリムゾンズの監修を引き受けてくださっている奥山先生で、今後の漫画の展開について色々とネタ作りをしてきました。私と担当さんは漫画業界の人間ですからネタ作りするのは当然なんですが、奥山先生のアイデアがとても大きな力になってます。大学の先生とは思えない柔軟な発想と、裏づけされた知識のおかげで、今後のお話になりそうなネタを仕入れることができました。フィッシングの事といい、私は奥山先生にまったく頭が上がりません。


で、打ち合わせの後に担当さんが予約した店でご飯を食べよう、という事になりました。
近所の中華料理屋とかにでもいくのかな?(といっても大概担当さんに連れてかれる所は旨い)と思ってたのですが、これがあのミシュランに認定された創作系和食屋だとか。ミシュランと聞いて一瞬腰が引けました。え、そんなんと無縁な生活送ってるんですけど。納豆ご飯と日本酒で幸せ感じてる人間なんですけど。


小学館から歩いて数分、神保町の「傳」というお店です。まず入り口からして格式高そうで、果たしてポロシャツ的なものを着て入っていい店なのかと躊躇してしまいました。お店の人の対応も丁寧で、ここら辺の気配りがミシュランのお墨付き貰う要因足りえるのだなーと思ったり。

出てくる料理がまたこざっぱりした上品なデザインなんですよねェ…食器からして変わってたし。料理の説明を聞くと、「ウナギで北京ダック的なものを目指した」とか「大根の種が辛味を引き立てる」とか「サトウキビの黒糖がにが甘い味を出している」とか…創作系である故か一風変わったものばかり。それでいて美味しいってんですから、舌の肥えてない私には何も言えない。


110608_204425.jpg

































大体日本酒入れるグラスからして変わってる。



110608_201959.jpg

























ウナギと野菜をくるんで食べる。たしかに北京ダック的な食べ方だし、味も近かった。担当さんと奥山先生は「ソースの力だ」とか。




110608_221245.jpg

























締めに出てきたデザート。最初アイスかと思ったが、下の白いのはプリンらしい。そんで上の黒いのがサトウキビ黒糖で作ったキャラメルアイスとかなんとか。苦いのに甘い!



そんな料理と酒に囲まれながら、クリムゾンの今後の展望やらその先の野望やらを語り合って、楽しい時間を過ごすことができました。担当さん、ご馳走様でした。果たしてこんなレベルの店に私が自主的に行ける様になる時が来るんでしょうかね?それが来るとして何十年後とかになっちゃうのか?まあ、今後も滅多にない機会であったことは間違いないでしょう…。



あと全く関係ないですが、最近の脳みそふわふわ状態はどうも睡眠の質が悪いからではないかと疑ってる次第。総計として睡眠時間はちゃんととってるんですが、その途中で起きちゃって、連続した睡眠になってないからこんな寝不足チックになってるんじゃないかなーと。日差しに邪魔されないようスティ○チアイマスクを買ったんですが、それでもまだ足りないよう。やはり枕かな…安眠枕的なものを、多少資金叩いてでも買うべきか。体が資本ですから、投資対象として間違っていないはず。




拍手いただいております!ありがとうございますー。以下、各種メッセージへの応答編です。


・cromisさま>

有難うございますー!クリスと教授の関係が今後どうなっていくのか…作者と一緒に見守っていっていただければと思っています。
そうですね、第一話で男子が美人だーって騒ぐぐらいですから、クリスも引く手数多でしょうね。それが研究室の男性なのか、それともまた別の出会いがあるのか…とにかく、クリスと教授だけの展開にはなりづらい環境ですよね。クリス本人わかってませんが。今後のイベントを考えると私も楽しみなので、それまでお待ちいただければ…!

 


・鮮血夢想以来のファンさま>

どうもありがとうございますー!そうですねー…何かいらっしゃいますね見覚えのある子が…。手塚治虫先生のスターシステムじゃありませんが、やっぱり昔のキャラを再起用したい…って気持はあります。今後も誰か出てくるかも知れませんねェ。ウォーリーを探せ的な楽しみ方をしてくだされば。
今の時代インターネットで写真や動画など、ある意味手軽に「資料」が見れる時代になりましたからね。私も日頃お世話になっておりますが。かといって紙媒体や剥製などの資料の価値は下がらず、むしろ貴重さを増す印象です。やはり形のない電子資料にはない安心感と確実性がありますね、とくに標本に関しては。実際に見て触れる事の大切さは後世にも残していかねばいけないと思います。
そうなんです、もともと漢字でしたが心機一転の意味もあるんでしょうか、こじまたけしと改名?されましたね。リペアマスターでの下地が生きてプラグが生まれたようですから、あの時の皆さんの票がこじまさんを後押ししたのかも知れません。どうぞこじま先生のPLUGも応援よろしくお願いしますね!

 


・筋子ファンクラブ会長 さま>

我々は若木先生に色々教わり、また盗ませてもらってきましたからね。その成果が出てこのようなラッシュが生まれたのなら、やはり若木先生には常人にはないものがあるのではないでしょうか。師匠の下で修行できたことは私にとってとても運が良かったと思います。成長させていただいたことに感謝です。
ジャンプに比べて、サンデーはあまり新人作家を連載枠に組まないって傾向がありますから、どんどん新鋭が育っていけばその傾向も変わっていくかも知れませんね。ひとつなぎの財宝は……もうなんか別次元ってレベルなんで如何ともしがたいですが!とにかく自分のベストを尽くす事を続けて、ステップアップしていければいいなと思います。

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
TRACKBACK URL 
サイトに飛ぶ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
菅野 孝典
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1984/05/04
職業:
一応「漫画家」とカテゴリーされる存在
趣味:
イタズラ描き、一人暴走
自己紹介:
少年サンデーSにて「CRIMSONS ~紅き航海者たち~」という漫画を連載してました。今またゼロからのスタートでネタ作り中の無職。け、ひけけけ。
フリーエリア
最新CM
[01/09 げの]
[01/09 やっくん]
[12/30 シルベストリ]
[10/06 たいやき]
[09/30 げの]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
カウンター
"菅野 孝典" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]