忍者ブログ
2017-051 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 04 next 06
70  69  68  67  66  65  64  63  62  61  60 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


↑新コーナーのマスコットとして突如作ったインドっ子。


なんかスガワラさんが、今の私とおんなじような悩みについて語っててびびった。
端的に言えば、「自分が好きなものと、自分が描けるものって必ずしも一致はしないよね」って話なんですが。
たぶん好きなものの切り売りの仕方もあるんだろうなぁ。自分の好きなものをを全面に出していくか、それとも端々にこっそり出していくか。前者で行く人は相当知識深くて、エネルギーがない人じゃないと無理だ。だから私は後者にすることにしました。「あきらめちゃいねーぞ!…あんまり描かないけど」って感じの。

まあわかりにくい事言ってるなーって感じでしょうが…。得手不得手は素直に受け止めた方がいいかもしれない、っていう一つの考え方を学んだってことです。反骨精神溢れる人はそこで「なにくそ!」ってなるんでしょうが、私はどちらかというと「あ、だめだこれ。無理無理」と切り替える方なので。
そうやってどんどん自分にできることを絞っていって、最終的に自分の武器を見つけ出せたら万々歳だと思います。そう思う事にします。それにたぶん、これが成就したらぜったい成功するでしょうから。それに至るまでは修行だとおもってせいぜい四苦八苦することにします。

大体最近ずーーーっと「表情」を描けてなったのがおかしいんだ。藤田先生に憧れて、あんなに私は表情を描くのが大好きだったのに。ある意味そんな「表情」や「表現」で賞を頂いたって部分もあるのに。それを捨てて細々した設定作りに精を出してたのにも問題があったのかもしれない。もー今度からはアレだ。活き活きした表情をクルクル出してくれるような、そんなキャラクター作るぞ。




ええー…?前回返信したの約一ヶ月前…!?溜め込んだなぁ…。ってことで。
長らくお待たせして申し訳ありませんでした!拍手・メッセージ有難うございますー。以下、いつもどおりリンクより応答編です。

・シゲ兄貴さま>

ついにカレー専門店に行って参りましたよ!そして食ってきましたよ!写真は…まあ…わざわざ撮り直しに行ってあんな感じでしたけどね!!
今回のもうやんカレー様は辛さを抜きにしても美味しかったですよー。蒸しジャガイモが無料で食べられるのも地味に嬉しかったです。辛さは期待していたとはいえ、美味しいカレーまで味わえるとは思ってなかったので予想以上の収穫でしたよ!シゲ兄貴さんも機会があれば是非!
学生時代の頃は自分でカレー作って数日それでしのぐってのはザラだったんですけどねぇ…。最近は泊り込みの仕事のせいか作る機会めっきり減りました。しかしシゲ兄貴さんのお父さんは結構な辛党なんですかね…!?

 


・秋山蓮さま>

そう…人は何かを得るために、何かを犠牲にするんです…。タコ姫様もきっと…うう。
昔の自分の描いてた漫画に原点があるというのも一つの真理でしょう。私が中学生時代に描いてた漫画はファンタジックなものばっかりでした。そして最近まで私もそういうものを描きたいと思っていたのですが…。どうやら、私が描くべきものはそれとも違うようです。だんだん自分の「描くべきもの」と「描けるもの」を一致していけるように軌道修正していきたいですね…。
そう考えると…秋山さんの現状はすっごく羨ましいなあ!!!合宿で絵を描きまくりましたかぁ…。描きたいものを思うがまま描けるっていうのは…やっぱり憧れますよ。私も大学の頃は色々やったなぁ…。美術部でしたけど。秋山さんの描きたいものが何なのかは計り知れませんが、今のうちにどんどん描いておくべきです、絶対!!
新潟で激辛カレー…!ある意味、雪国に激辛は理に適っていますね!やっぱり一口でリアクションとってしまう辛さでしたか?いいなあ……じゅるり。

 


・たこ姫描いてくれて有り難う御座います! 贅沢なタコ過ぎてやられましたw  の方>

カリスマは失ってるくせに舌は肥えてるようです。飼育の際は餌のコストに注意してくださいね。しかし大トロってどんな味なんだろうなぁ…じゅるり。

 

 

・奈津風さま>

なんかそんなものを目指した動画がニコニコに上がってた気がしますぞ…!>東方とスパロボ あのキャラ数なら確かにシミュレーションゲームでも見劣りしないでしょうなぁ…。
もし私の漫画が入選してなくて、少年サンデーに通う日々を送ってなかったら、間違いなく描いてたと思います、うしとら幻想郷入り。
ですよねー!?なんかダメージとかも半端じゃない数字出てて「何だこのゲーム!?」って驚いてた記憶があったんですよ…。スパロボもご無沙汰だし、ディスガイアでシミュレーション分補給するのも悪くないかも…。
よく考えたら土木そのものですよねぇ…木を植えたり石運んだり…。畜産にしろ農学にしろ、結局は体が資本ってことか…。図面系だと純粋な農学とかより将来の職種が豊富そうですね、なんとなくなイメージですが。
建前上…ですか(にやり)。農業は総合学問って母校の教授が言ってましたから、それこそ学科分けせずとも色々やれるんでしょうねぇ。作りたてのお酒とか美味しいんだろうか…。
あの歌最近になって聞いたんですが、また小野Dは迷曲歌ったみたいですね…。ホント二枚目半な曲を歌わせたら輝くなぁ…。たーめりっくッ!!

 

 

・りんく。さま>

あーわかりますわかります。私も「仕事しよー」と思ってPCに向かうといつの間にかニコ動観てたりするんですよ…この駄目人間!!!
久々にカッコイイ姫様描きたいなーと思って描いたんですが、それまでのイメージを払拭するにはあまりに遅すぎましたね…前科が…てんこもりで…。
藤田先生のファンとしてはやっぱりフトトモはじめ足関連にはこだわり持ちたいですよね。ふふ。

 

 

・ところで筋子は顔だけ見たらすごい可愛いと思うんだ… おや、こんな時間に宅急便かな? の方>

顔だけ映せば全国区で放送されても問題ない…そう考えていた時期が、私にもありました。でも考えてごらんなさい。
ニコニコ動画の国賓として、ビリー・ヘリントン氏が迎えられている現在、決してマッスル・ボディはマイナージャンルではない!!筋子にもいつか…真の需要がある時代が来ると信じている…!

 

 

・スランプって、自身が伸びてるから、スランプがあるんですよ。そして、それに苦しめるという事は、自身が成長している、それに対して努力している事を実感している証拠でもあります。 の方>

そう…なんでしょうかね?そうだといいんですが…。得てして、人間自分の事は判るようで判らない生き物ですから。でも、苦しいと感じられるだけマシなのかもしれませんね。そこで何も感じずに惰性に身を任せるよりは何倍もマシでしょうから。
最近になってだんだん自分の描くべきものがわかってきたんで、それを足がかりにして早くスランプ脱出できるように頑張ります!

 

 

・ハルジオンさま>

難しいものですねぇ…なんというか、自分の描きたいものと、自分の描けるものが必ずしも一致しないってのは、驚きもしますし、納得もします。そういう試行錯誤繰り返して、早く真の脱・スランプを目指したいです。
ハルジオンさんも追い込みの時期ですか…!就活をやった事の無い私にはその苦労が計り知れませんが…。早く決着をつけて、自分の時間を作れるようになるといいですなぁ。私もたまには色々忘れて遊んでみたいなぁ…。

 

 

・おつかれさまです。旨辛カレー4コマ拝見したら猛烈にカレーを頬張りたくなりましたw の方>

やっぱりカレーは食卓のアイドルですね!あんまりいませんもんね…カレーが嫌いって人は…。私の下手クソレポートでどこまであの魅力を伝えきれるかはわかりませんが、もし美味しいカレーを食べたくなったら是非寄ってみてください、もうやんカレー!辛さ設定変えなければ普通のカレーですから(笑)。

 

 

・お疲れ様です。カレーレポートの店がどこなのか激しく気になります!是非とも喰いたい。因みに一蘭というラーメン店はご存知でしょうか?私的には秘伝味噌5倍位がおすすめなんですが。よければ立ち寄ってみてください。の方>

というわけでカレーレポートしてみました!あんな感じで人様を紹介する文はあまり書かないので不慣れな部分が目立つでしょうが…。もし興味を持たれましたら是非行ってみてください!
なんでかそのラーメン屋さんの名前知ってるなーと思ったら、一回だけ行ったときあったんですよ。大学時代に、上野で。でももう3年ぐらい前の話ですから…味までは覚えていない…!5倍ということはつまり辛味が5倍ということですか?ううむ気になる…近くに寄ったら行ってみようかなぁ…番外編として。

 

 

・古泉…古泉じゃないか! の方>

ノン…!そういう事いっちゃだめ!!!ただでさえデザイン能力に駄目出しされたんだから、最近…!

 

 

・ミミガーさま>

おほう!?なんですかこのステキな伝記は…?世の中にはやっぱり同志がいらっしゃるんですなぁ…しかも国境すら越えて!私は日本人ですから、給食にも出てくるカレーにもともと親近感がありましたけども、日本産カレーっていうのは海外の人まで虜にする程だとはおもいませんでしたよ…。
しかもこの原文の筆者のカレーに対するこだわりっぷりが…!海外の味を自分の国内(しかもあの大きい国土の)で探し当てようとする情熱も半端じゃありませんね…。食文化の違いが、同じ料理の間にも格差をつけているいい例ですね、これは。なんかコメント欄のトークも盛り上がってそうだなぁ…またヒマを見つけて読み返しますかね…まさにこれは「アッツイ」もんだ!

 

 

・しぇり。さま>

ある意味あれ「出オチ」ですからねぇ…2回目以降は億劫でしょうなぁ…あの演出は。でもまあ修正して多少はマシになりましたかね?
何でモンゴルの遊牧民は牛より羊とか山羊だったんだっけなぁ…?大学の講義で習ってたような無かったような…!?こういうとき、もっと勉強しとけばよかったなって思います。
ずーっと前の話ですけど…「これマジ!?」って番組が大好きだったんですよ。それこそUMAだのUFOだのを題材として扱う番組で。ああいう胡散臭い系の番組やってないかなぁ…。
TV版ですか!記憶の中でも鬼太郎って好青年(?)だったもんなぁ…戸田恵子さんの声で再生されます、私は。世代的には4期ぐらいなんだろうか?私は。

 

 

・ペルセウスさま>

もう色々と…(苦笑)。やっぱり、アマチュア時代と違って、苦心する部分が多いです。なんとか一つずつクリアしていければいいんですが。
むしろお客様の間で姫様ってどんなキャラで受け止められてるのか不安です。ネタキャラとして描いてきてなんですが。あの子は一応…出来る子なんだよ!!
インドカレーですか!ナンと一緒に食べるか、バターライスといっしょに食べるか…。私はどっちかというと洋風カレー派なんでライスがないと駄目です。でも「本場」の「激辛」ってどんな世界なんでしょうねぇ…そういうインドカレーとかを食う時がくるのかな…いつの日か。

 


・刻等さま>

ライトノベルネタでしたか…!それは確かに知ってないと理解不能な由来だなぁ…。猫を撃ち出すシーンって…ギャグパート?
ところがどっこい。私は一度休憩すると下手したらずっとダラダラしかねない、なんともだらしない人間なのですよ…!何事も極端なのが良い時も悪い時もある…困った性分です。でもやっぱり気分転換は必要ですよねぇ。上手く調整できる術を身につけんと。
タコ姫さまは本人も言っている通り。かなり舌が肥えております。生半可な餌では手にも取りませんので、その辺のコストを考えつつお持ち帰りください。
しかし辛さを抜きにしても美味しかったですねぇ今回のお店は…。まあ今まで私自身の専門店知識がなかったから、そのせいもあるんでしょうが。だから思わず写真を撮り忘れてしまったのです。許せッ!!

 

 

・エースさま>

大分天国からは戻ってこれた感はあるんですが…まだまだ油断は禁物です。
やっぱりそうなんでしょうね…まわりの人間から「受賞作が一番自分の原点に近い」ってアドバイスされてきましたが、私はやっぱりフライ・パニックみたいなのがお似合いみたいです。変に小細工やると駄目みたい…考えるのは好きなんですけどねぇ。

 


・ogoさま>

一回「人に見られる」と意識しだすと、半端なものを作りたくない!って変なプライドが働いて自分の中だけでグルグルしだすんですよ。それがもう…どうしようもない無限地獄。
でもやっぱり人と相談すると大分緩和されるもので、また自分の描くべきものが見えてきた気がします。今まで忘れかけてた自分の描きたいものも再確認できてきた気がしますし。
そんなわけで、今後はキャラを大事に大事に育てていく事にします。手塚先生だってそうやってキャラを作ってらっしゃったのなら、私はもっと努力しないとなんでしょうから…。

 


・やっくんさま>

今度は間違いなく撮影してきましたよ!しかしその撮影の腕が……うおおお…!!
さて次はどんなカレー店にいったものか…候補はあるのですが問題はどのタイミングで行くかですねぇ。なるべく仕事と重なる日がいいなぁ…(交通費的な意味で)。

 

 

・げのさま>

つまりは私がうしとらやハルヒ達みたいに、「このキャラの事たくさん描きたい!!」って思える位にキャラクターを練る必要があったんですよね。それが最近は物語のパーツとしてしか見れてなかったというのがあって…これが色々不具合起こしてたんだと思います。もっと自分の子供を愛でれる親になりたいです。
なんか「病院が来い」タグみたいでいやだーー!!あ、でもある意味病人だからいいのかしら…。

 


・啓さま>

お久しぶりです!啓さんのサイトも活発化してきて、通う人間として嬉しい限りです。
やっぱり…物書きが一度通る道なんですかね?こういうのは。共感していただけるのは心底嬉しいというかなんというか…!
結局面白いものって、プロットの段階でも面白いと思うんですよ。演出とかがないと輝かない部分もあるでしょうが、「この話で何を言いたいのか」が純粋に現れるプロットにこそ、作り手の主張が表れやすい。そして、私の場合、その段階でずっと「面白くないなー…なんか空回りしてるなー」って印象だったんです。ずっと。だから今後は、プロットでも言いたい事がハッキリ言える様な、そんな作品作りをできなきゃなぁと思い直し始めました。おかげで「プロットを切る」という作業を今更になってやり始めましたし。
そういう意味では、創作も二次創作も大差ないのかもしれません。そこに「キャラ」と「周知」の用意があるかないかだけで、根っこの「言いたいこと」を考える点ではどちらも同じなんですから。愛情や理解なしの作品に人の心は動かせないでしょう。たぶんそういうものがあったから、私は啓さんのうしとら小説のファンになったんだと思いますし。
色々作品作りする上で苦心する部分があるでしょうが、お互いちゃんと人に「主張」できる作品が作れるように、頑張りましょう…!

 


他にもメッセージをいただいておりますが、返信不要とのことなのでこの場でお礼申し上げます。有難うございました…!

 


………有難う、お母さん!自分で真面目なのか何なのかよくわからない性格ですけど…もっと自分と話し合って、良い作品を作る努力をしていきたいと思います。

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
無題
サリーと聞いて
「マハリクマハリタ」を思い浮かんだ私は色々と末期なんだと思います。

それはさておき、とあるインド人が青いカレーを作ったそうですね。
刻等 EDIT
at : 2009/03/04(Wed) 18:09:49
無題
サリーちゃん可愛い・・・・!
俺が無類の褐色インド(エジプトも)っ子好きと知っての仕業ですか!?
個人的にはもうちょっと褐色がかっててもグーです(死
Shin EDIT
at : 2009/03/04(Wed) 23:02:07
無題
サリーちゃんの作ったカレーを食べてみたいです……!

ココイチのカレーの普通で汗だらだらな自分には20とか無理ですね。
次の日に肛門がエキサイティングな事に鳴らないように気をつけてくださいね!
やっくん EDIT
at : 2009/03/05(Thu) 00:12:43
カレーですか^^
こんにちは、エースです^^

カレー・・・いいですね^^食べ過ぎに注意して下さいね^^インドっ子が可愛いです★

実は今日誕生日です。はっぴぃばぁすでいとぅみぃ(笑
しかしあまり祝って貰えないムードが漂っています^^;

表情のあるキャラは自分的に大好きなので楽しみです^^頑張って下さい♪

ではまた・・・^^
エース EDIT
at : 2009/03/05(Thu) 09:35:23
無題
私は colourful Indian が好きだ
LQY URL EDIT
at : 2009/03/06(Fri) 03:37:43
無題
何か新しいコーナーが出来てる!?
前回カレー食べて、写真を撮り忘れて間食してしまったと言う場所っすか!w
あたしは辛いの(赤系)が苦手なんですが、ぁ、カレーも苦手なのですけど;;

こう・・・辛うまってのが分らないのでちょっと行って見たいですねww
カレーは大好きです。

あたしは世界の不思議な場所とかすごく好きですけどねww
ナスカの地上絵とか、どっかの遺跡とか!
さすがにもうUMAとかそういう系の番組とかって中々やってないですねぇ・・・。昔はすごく多かった気がするのですがw
あたしもそういう番組好きだったなぁw

大丈夫です。
あたしの中でも鬼太郎君は好青年で、戸田恵子さんの声でした!w
あんぱんまんの声やってると知った時にはカルチャーショック受けましたけど・・・。今ではうっとりしてますw
しぇり。 EDIT
at : 2009/03/07(Sat) 21:39:50
TRACKBACK URL 
サイトに飛ぶ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
菅野 孝典
年齢:
33
HP:
性別:
男性
誕生日:
1984/05/04
職業:
一応「漫画家」とカテゴリーされる存在
趣味:
イタズラ描き、一人暴走
自己紹介:
少年サンデーSにて「CRIMSONS ~紅き航海者たち~」という漫画を連載してました。今またゼロからのスタートでネタ作り中の無職。け、ひけけけ。
フリーエリア
最新CM
[01/09 げの]
[01/09 やっくん]
[12/30 シルベストリ]
[10/06 たいやき]
[09/30 げの]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
カウンター
"菅野 孝典" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]